30歳の転職

<事前準備はしっかりと!>

 

 30歳を過ぎて、転職をするということは簡単なことではありません。しかし30代でも転職を見事成功させて活躍している人もたくさんいます。まずは、なぜ転職したいのかを明確にしなければなりません。今までやってきた仕事とは別の分野の仕事がしたいのか、それとも今までの経験を活かし、更にキャリアアップするための転職なのか。これまでの自分を見つめ直し、どういう職業に就きたいかを決めた上で、情報収集などの準備をしていきましょう。今はインターネットの就職サイトなども豊富にあり、30歳を過ぎていても求人はたくさんあります。また、キャリアアップしたいための転職であれば、退職してしまう前に資格を取るなど、しっかりとした準備が必要です。

 

<差がつく職務経歴書の書き方>

 

 「書類選考でなかなか通らない」「正社員を希望しているけど、年齢や経歴で諦めている」など、面接にこぎつける前に諦めかけている人も多いのではないでしょうか。まず第一関門の書類選考を突破しなければ、次の段階に進むことができません。職務経歴書で差をつけるためのポイントを上げてみましょう。

 

★ここがポイント
・過去の実績は具体的に数字や例で表す
・前の職場で得た知識や経験で生かせるものを書く
・ポイントごとに箇条書きにしてわかりやすくする

 

 前の職場での部署や役職、売上高など、具体的な数字などを記載すると、説得力がアップします。特別な数字がなくても、プロジェクトに関わった年月などを時系列で記載すると良いでしょう。これまでの経験から得た知識やスキルの中で、希望先の職場でも生かせるものをピックアップして、長くなりすぎないようにA4サイズ2枚以内にまとめるのが理想的です。

 

<自己アピール力を磨く!>

 

 書類選考が通りいよいよ面接となった時に、いかにより良く自己アピールできるかが、転職を成功させるカギになります。これまでの経験・スキルをアピールするのはもちろんですが、特別なスキルがないという人でも、これは得意だということが必ずあるはずです。特別なスキルや資格がないとあきらめないで、自分にできることのリストを作成しておくのも良いかもしれません。たとえば、事務職を長くやっていたなら、タイピング速度をアピールしたり、接客業や営業職をやっていたなら、コミュニケーション能力などアピールすると良いでしょう。

 

 30歳を過ぎてからの転職は世間では厳しいと思われているかもしれませんが、30代の今だからこそできることも必ずあるはずです。これまでの経験を生かせるところ、必要としてくれるところは必ずあるという強い気持ちを持って、転職活動に取り組んでみてください。

 

 

 

 


 現在働かずに親などに頼って生活しているニートと呼ばれる人達が増えています。ニートをしている理由としては就職がうまくいかずに働くのがめんどくさくなっている、心の病気で働く意欲がないなど人それぞれです。しかし働かないままずっと暮らしていくことは、余程財産がある家庭でないと厳しいです。ニートから就職を目指そうと思った時には、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

続きを読む≫ 2014/07/08 13:38:08 就職情報

たとえば、高校を卒業してからずっとニートで、三年間もアルバイトも何もしていなかったという場合。

 

その人の最大の欠点は「自分に自信がないこと」ですし、自分に自信がない間はモチベーションが起きません。

 

ですので、まずは「できることをやって、成果を積み重ねる」ということから始めるのがニートの就活の正攻法ですし、いきなり就職活動を始めようにも資金がない場合も多いので、無理に金策をするのではなく、まずは計画を練るところから始めるようにしましょう。

 

ニートの方の場合は資格も何も持っていない場合が多々ありますし、そういった方はやはり就職に不利なので、まずはアルバイトをしつつ活動資金を貯め、日常感覚を取り戻すように努力するといったこともおすすめです。

 

こういったことをしておくと「この空白の期間は何をしていたんでしょう?」と訊かれても、「就職活動のための資金を作っておりました」と答えることができますし、計画的に物事を進めることができれば就職できる可能性もアップするので、まずは「すぐに働けるところに入って働き始める」ことを考えましょう。

 

またアルバイトをやるためのモチベーションもないといった方の場合は、「職業訓練場」に行くようにしましょう。

 

職業訓練場は、入る前に審査なども必要ですし、誰でも簡単に入れるかというとそういう訳では無いのですが、ある程度の工夫で入れるようになります。

 

ですので、何も資格もなく、アルバイトも嫌だという場合は、まず職業訓練場に入り、資格を取ってから就職活動に移るようにしてみましょう。

 

こういった努力をしておくと、「ニートである」という足かせがいつの間にか外れますし、自信を得ることができます。

 

ですのでニートの方はまずは、「やれることからやる」ということから始めてみましょう。

 

続きを読む≫ 2014/06/06 14:21:06 就職情報

 どのようにして転職先を選んだら良いのか、いまいちわからないという方もいるはずです。転職をする機会は、人生の中でもそうそう多くはありません。それだけに、一度の転職でビシッと決めておきたいところです。

 

 では、どうやって転職先を探していけば良いのででしょうか。転職先を探すときに見ておきたいポイントについて、紹介したいと思います。

続きを読む≫ 2014/03/03 11:12:03

 新しい分野の仕事に就きたい、もっとステップアップするために別の会社に挑戦したい。これから転職をされる予定なら、確実に決めていくための準備しておくべきではないでしょうか。

 

 転職活動を確実に決めるためには、面接試験をスムーズにクリアしていくことが大切です。そこで、転職における面接において、押さえておくべきポイントをご紹介しましょう。

続きを読む≫ 2014/03/03 11:06:03

・35歳の転職現状

 

応募条件の一区切りとして、25歳、30歳、35歳、40歳というのがありますが、すでに25歳、30歳で区切りができていて応募企業が減っているため、散漫にならずに転職ができるという利点があります。応募可能な企業がたくさんありすぎても仕方がないから、ある意味区切りがあることで転職先を探しやすくなります。一方で応募しようとしたが34歳までとなっていて1歳差で応募できない企業があるなどします。

 

35歳までの応募条件の企業もたくさんあることから、まだ雇いやすい年齢になるのではないかと思えます。とはいえ、若いから雇いやすくて仕事ができるというものでもないから、結局のところ人間性とか見た目の上での判断になって、探しているうちに転職先はあるでしょう。

 

SE35歳定年説というのは、SEは日進月歩のIT技術を身につけていかなければ仕事にならないが、35歳になったら物覚えや関心が鈍って頭に入らなくなるということをほのめかしています。ボケも出てきますが、日ごろから頭を使っていればボケることはありません。むしろ、それは訓練次第のことで、年齢が低くても高くてもスキルは大差ないでしょう。

続きを読む≫ 2013/10/25 16:37:25

・35歳で転職をする場合は即戦力として採用されます
転職を考えている社会人の方は多いはずです。
今の仕事よりもよりやりがいのある仕事がしたい、もっと待遇の良い職場に行きたい、スキルアップしたいなど転職理由は様々です。
ただ、転職は20代などの若い人の方が有利な場合が多いです。
35歳で転職をしようとした場合、未経験で他の職種に転職をすることは難しいでしょう。
また、同じ業種に転職をする際も即戦力として採用されるはずなので、しっかりとした経験を持っておく必要があります。
35歳で転職活動をして苦労している人はたくさんいます。
年齢的に転職をするには厳しい立場に立っていると考えた方が良いでしょう。
もちろんアピールできることが多ければ、それだけ転職できる可能性も高まります。

続きを読む≫ 2013/10/25 16:37:25

私が転職しようと考えたのは25歳の時でした。
その時働いていた食品メーカーの販売企画部での仕事は、とてもやりがいがありました。

 

新しいものを考えることが好きで食べることが好きだったので今の職を選びましたが、会社の福利厚生に疑問を持つようになりました。
働きだして2年が経過したとき、ふと自分の休みの少なさと、お給料の低さを仕事量と天秤にかけたときにバランスが取れていないと感じました。

続きを読む≫ 2013/09/18 14:42:18