ニートの方の就活には「段階」が必要です

たとえば、高校を卒業してからずっとニートで、三年間もアルバイトも何もしていなかったという場合。

 

その人の最大の欠点は「自分に自信がないこと」ですし、自分に自信がない間はモチベーションが起きません。

 

ですので、まずは「できることをやって、成果を積み重ねる」ということから始めるのがニートの就活の正攻法ですし、いきなり就職活動を始めようにも資金がない場合も多いので、無理に金策をするのではなく、まずは計画を練るところから始めるようにしましょう。

 

ニートの方の場合は資格も何も持っていない場合が多々ありますし、そういった方はやはり就職に不利なので、まずはアルバイトをしつつ活動資金を貯め、日常感覚を取り戻すように努力するといったこともおすすめです。

 

こういったことをしておくと「この空白の期間は何をしていたんでしょう?」と訊かれても、「就職活動のための資金を作っておりました」と答えることができますし、計画的に物事を進めることができれば就職できる可能性もアップするので、まずは「すぐに働けるところに入って働き始める」ことを考えましょう。

 

またアルバイトをやるためのモチベーションもないといった方の場合は、「職業訓練場」に行くようにしましょう。

 

職業訓練場は、入る前に審査なども必要ですし、誰でも簡単に入れるかというとそういう訳では無いのですが、ある程度の工夫で入れるようになります。

 

ですので、何も資格もなく、アルバイトも嫌だという場合は、まず職業訓練場に入り、資格を取ってから就職活動に移るようにしてみましょう。

 

こういった努力をしておくと、「ニートである」という足かせがいつの間にか外れますし、自信を得ることができます。

 

ですのでニートの方はまずは、「やれることからやる」ということから始めてみましょう。