ニートから就職を成功させるためには

 現在働かずに親などに頼って生活しているニートと呼ばれる人達が増えています。ニートをしている理由としては就職がうまくいかずに働くのがめんどくさくなっている、心の病気で働く意欲がないなど人それぞれです。しかし働かないままずっと暮らしていくことは、余程財産がある家庭でないと厳しいです。ニートから就職を目指そうと思った時には、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

 まず今の生活リズムが社会人の生活に合っているかどうかを考えます。朝7時ぐらいに起きて、日中はある程度活動をして、夜23時ぐらいに寝るという整ったリズムであれば仕事に適応できますが、好きなように生活をしているのに、いきなり変えるというのは難しいです。就職活動をすると同時に、生活リズムを改善するように気をつけます。

 

 また仕事についての希望が色々あるかと思いますが、好きなように選べる立場ではないことは、しっかりと認識しておく必要があります。ハローワークなどで相談して、自分がどのような仕事で採用されるかプロの意見を聞き客観的に考えることが必要です。

 

【参考サイト】
ニート就職no1.net
ニートが就職するために必要なこととは?

 

 就職活動はスムーズにいかない場合がありますが、そこであきらめてしまったら、またニートに逆戻りです。ハローワークの職業訓練に通う、就職に有利な資格をとるなどして採用される可能性を高めたり、週に何回かアルバイトをして働きながら仕事を探していきましょう。「

 

 ニート期間は長くなれば長くなる程、職に就くのが難しくなります。ニートを脱却したいと思う気持ちになった時が、頑張り時です。