35歳での転職、まだまだ定年まであと25年

35歳での転職、まだまだ定年まであと25年

・35歳の転職現状

 

応募条件の一区切りとして、25歳、30歳、35歳、40歳というのがありますが、すでに25歳、30歳で区切りができていて応募企業が減っているため、散漫にならずに転職ができるという利点があります。応募可能な企業がたくさんありすぎても仕方がないから、ある意味区切りがあることで転職先を探しやすくなります。一方で応募しようとしたが34歳までとなっていて1歳差で応募できない企業があるなどします。

 

35歳までの応募条件の企業もたくさんあることから、まだ雇いやすい年齢になるのではないかと思えます。とはいえ、若いから雇いやすくて仕事ができるというものでもないから、結局のところ人間性とか見た目の上での判断になって、探しているうちに転職先はあるでしょう。

 

SE35歳定年説というのは、SEは日進月歩のIT技術を身につけていかなければ仕事にならないが、35歳になったら物覚えや関心が鈍って頭に入らなくなるということをほのめかしています。ボケも出てきますが、日ごろから頭を使っていればボケることはありません。むしろ、それは訓練次第のことで、年齢が低くても高くてもスキルは大差ないでしょう。


・35歳の求人の探し方

 

求人の探し方としては、ハローワークが一般的ですが、それ以外の民間斡旋の求人情報でも問題ないでしょう。すでに25歳、30歳までの求人はクローズしている分、探しやすくなっています。そして35歳までという求人情報もありますが、基本的にそういうのに左右されずに、年齢不問求人も併せて考えていけばよいでしょう。

 

・35歳への転職アドバイス

 

35歳という30代の真ん中に位置している年齢で、精神年齢は20代とか、40代になる前のアンチエイジングみたいなことに取り組んでいる時期の転職です。若干老けてきてはいるけれども、言うほど老けてもいないという、まだ定年までのことを考えればあと25年残されています。おかしな若年者や中高年と付き合わなければ問題なく、自分の好きなように転職すればけっこうです。